20代の薄毛対策

薄毛対策20代が運命を決める

20代の薄毛対策は後々まで大きな影響がある。3か月で生える20代育毛法

20代でハゲるとからかわれるのがあたりまえ。

読了までの目安時間:約 3分

 

薄毛がからかわれる時代を生きる

 

薄毛になったら、まわりの人たちにからかわれることは覚悟すべきです。

 

この世は天国ではないのです。

 

人をからかって、イヤな思いをさせて、苦しんでいるのをみて、うれしい気持ちになる悪魔的な人間もいるのが、この現世なのです。

 

 

人のハゲ、薄毛をからかって、まわりの人を笑わせて、

 

 

「オレって、ほんと、ユーモアあるよね!!」

 

 

などと得意顔。

 

ハゲをからかわれた人の屈辱感など、無関心です。

 

 

もちろん、

 

「オレのほうが立場が上だもんね」

 

という安心感の元、人をからかうのです。

 

決して社長のハゲ頭を表立ってからかう社員はいません。

 

蔭では、そういう心情のひとは、「あのハゲおやじが・・・・」

 

などと言っていることでしょうが・・・・・。

 

私も、20代前半は、これはホントに自慢ではないのですが、顔がハンサムだったので、女性に非常にモテたのです。

 

ところが、24歳くらいからハゲ遺伝子が活発化し、みるみる髪が後退していったのです。

 

こうなると、悪魔的な心根の人はうれしくて、たまらない。

 

「○○クンは、芸能界でも活躍できそうだったのに、こうまで額が後退すると、もうダメだよなぁ~!!3年後はツルっパゲだわなぁ!!ウヒャヒャヒャヒャヒャァ~!!」

 

などと、会社の先輩たちは大喜び。

 

若い後輩が、女性社員たちにモテモテだったのが、よほど悔しかったのでしょう。

 

苦しかったですよ。

 

ホント。

 

高橋由美子先生の漢方育毛療法と出会えていなかったら、いったいどうなっていたかと、50代になった今も、よく考えるんだ。

 

 

一つ言えることは、高橋由美子先生の漢方育毛法とであえたのは、今から思うと偶然ではなかったのです。

 

苦しみの果てに、強く願った私の望みが、髪の毛を生やす方法を、

 

 

「引き寄せた」

 

のだと思うのですよ。

20代薄毛対策のポイント

読了までの目安時間:約 3分

 

20代の薄毛対策のポイント

 

20代の髪の毛の悩みの最大は、

 

「ハゲやせんか?」

 

という予感ではないでしょうか?

 

ハゲや薄毛が予感ではなく、「現実」になっている人もいることでしょう。

 

20代で額が後退してくると、周りの人からのからかいが始まります。

 

若ハゲはからかわれるので、これはもう、覚悟を決めておくことです。

 

合コンなどでも、きっと「頭髪」の話題になって、話をふられるはず。

 

ユーモアで返すのか

 

無視するのか

 

怒りを表すのか

髪の悩み12

難しいところです。

 

日本を代表するような、ビッグな企業経営者がいます。

 

その人は薄毛です。

 

正解的にも有名なその人が、一方で、ハゲをからかわれています。

 

本人も、講演や、大勢の人前で話をするときなどは、話の最初に、ユーモアっぽく自分の髪の毛に話題をふるそうです。

 

気にしている証拠でしょう。

 

最初に、

 

「私は、髪の毛のことなんか気にしないので、先に自分から話題に出します」

 

ということなのでしょう。

 

薄毛になると、いろいろと気を使うことができてきます。

 

だから、自分の髪の毛を生やすことです。

 

20代でハゲると、一番素晴らしい時期を、異性にもあまりモテずに過ごすことになりかねません。

 

そしてこれは、たしかなのですが、50歳になっても、60歳になっても、いやいや70歳になっても、

 

髪の毛がないということは恥ずかしい、また、隠したいことなのです。

 

20代の人なら、今後50年も60年も、髪の毛の悩みを持って過ごさなくてはならないのです。

 

だから、いま、生やすことです。

 

いま、努力して髪の毛を生やすことです。

 

 

効くから続く!継続率93%回生堂メンズミレット

 

 

眼鏡を掛けた男性 笑顔

20代の薄毛回復のヒント「かゆみ」

読了までの目安時間:約 3分

 

20代の薄毛回復のヒント

 

私が20代で薄毛化が始まったのは、仕事のストレスだったと思います。

 

なにせ忙しかったのです。

 

仕事は夜の10時くらいまでしていました。

 

そして仕事が終わったと思ったら、先輩の一人が

 

「おい、みんな、飲みに行くぞ」

 

などと言い出すのです。

 

酒の苦手な私は、それも苦痛で、ストレスになりましたね。

 

また、日中が忙しかった。

 

ひっきりなしに電話がかかってきて、商品の注文や、発注があったのです。

 

ここで、発注のミスなどあれば、とんでもないことになります。

 

神経が高ぶって、平静さを失っていました。

 

私は、煩雑な仕事はニガ手なのです。

 

そうこうしているうちに、頭皮がかゆくなったのです。

 

仕事中。

 

なにか「熱を帯びている感じ」でした。

 

これが髪の毛がサーッと薄毛化した原因です。

 

その後、この傾向はハゲの大きな要因と知りました。

 

「頭皮の酸欠状態」

 

というのです。

 

ストレスですよ。

 

たしかに、忙しすぎて「呼吸すらしていない」ような状況でしたのでね。

 

頭皮の酸欠。

 

同じような症状を感じたなら、ひんぱんに頭皮をもむことです。

 

当時、薄毛化が進み、しばらくたって

 

「頭皮に異常事態が発生している」

 

ということが、何となくわかったので、人のいないところで、頭を叩きました。

 

人のいないトイレや周りに人がいないときに、頭を「パーン、パーン」と平手でたたいたのです。

 

「血行を良くせねば、ならん・・・・・」

 

本能的なものだったのでしょうか?

 

パーン、パーン、と頭を叩いているところを会社の女性社員に一度、見られたこともあります。

 

「K君、どうしてるの?」

 

などと問われ、あせりました。

 

が、とにかく酸欠状態を頭皮を刺激して、解消しようとしたのでした。

 

無駄ではなかったと思います。

薄毛対策20代の努力が運命を決める

読了までの目安時間:約 21分

 

 

 

薄毛対策20代の努力が大事なのです。

 

薄毛、抜け毛の症状に、今、あなたは悩んでいるのでしょう。

 

ハゲ、薄毛の悩みは深いものがあります。

 

眼鏡を掛けた男性 笑顔

 

(髪があるだけで幸福感があるんだね)

 

 

 

私も20代前半で、急激に薄毛化が進行したのです。

 

そのときの恐怖感は 今でも忘れられません。

 

その苦しいときに、ハゲていくさまを会社の先輩や、女性社員に、からかわれるのですから、たまったものではありません。

 

 

「くやしいですぅ~!!」

 

 

という気持ちですよ。

 

顔もハンサムで女性にもモテ、青春を楽しんでいたさなかにハゲの恐怖におそわれたのです。

 

「オレの人生に、こんな落とし穴があったとは・・・・・・」

 

 

天国から地獄へ。

 

aEVBd1m7_0wuVAP1423873445_1423873469

(また、額の剃り込みが広くなった・・・・)

 

 

 

あなたも、きっとそうでしょうが、ハゲてくるとそのことが気になって、気になってしょうがないのですね。

 

 

昭和56年のころですが、

 

「ああ・・・・。俺は、これから、どうなるのだろうか?」

 

と悩んだのです。

 

カツラなどは、こわくて、頭に付けられるはずがありません。

 

会社の人になんと言われることか?

 

これから、女性とも楽しみ、モテ人生を謳歌しようとした、まさにそのときに、

 

先祖より受け継いだ「ハゲ遺伝子」が作動を開始したのです。

 

親や、親類の頭髪状況を見ていたので、

 

「いずれは、オレもハゲるのか・・・・?」

 

という暗い気持ちは、高校時代から、ときどき思うことはあったのです。

 

でも20代前半で、その時が訪れるとは、予想外でした。

 

しかし、「杞憂」とい言葉がありますが、まさしく、

 

 

私の頭髪のハゲの恐れは「杞憂」に終わったのです。

 

 

周りの同年代の人たちが、髪が薄くなったのに対し、私は、比較的満足のいく、平均的なボリュームをキープしているからです。

 

まあ、公平に見ると「平均よりは髪の毛が少ない」かもね。

 

でも、まったく悩みや不安はないです。

 

鏡を見て、

 

「ああ、髪がある・・・・・・」

 

と感慨深いです。

 

ただし、そうなるためには、非常に多くの薄毛対策努力をしてきたのも、確かなのです。

 

あなたの薄毛、ハゲの悩みはきっと解決できます。

 

今日、あなたには、私が遺伝的な男性型脱毛症を、切り抜けたノウハウをそっくりそのまま「引継ぎ」しようと思います。

 

あなたと私は、この世では会うことも、話すこともないでしょう。

 

けれども、この育毛の「引継書」を活用し、薄毛、ハゲの悩みから解放されることで、私もうれしく感じているのです。

 

では、さっそく、私の「薄毛対策☆20代」について、すべてお話しましょう。

 

温かいウーロン茶か、プーアール茶でも飲みながら、この私のノウハウを読んでいただければと思います。

 

読み飛ばさないよう、じっくりと落ち着いて、発毛ノウハウを読んでください。

 

 

Work at the barber shop

 

(1.ハゲの症状が雪崩(なだれ)のごとく起きました)

 

大学時代までは、ハゲの傾向はなかったです。

 

高校時代に遠藤周作のエッセイのフアンでした。

 

「ぐうたら人間学」などの本を読んでいて、髪の毛の薄い遠藤周作は、たびたびハゲの悩みに関してエッセイに書いていたのです。

 

それを読むと、高校時代は

 

「ああ、ハゲとはこんなにも男を苦しめるのか・・・・・・」

 

と少しおびえながらも、遠い話のように思っていたのです。

 

そして高校の教師たちのハゲた頭を見て、

 

「カッコ悪いよな~」

 

などと思っていたわけです。

 

人ごとだったのですよ。

 

ですから、24歳くらいで、自分が急激にハゲてきたときは、とても平常心を維持できるものではなかったのです。

 

まさしく雪崩が起きるように・・・・・・。

 

4月になって桜の花が一斉に散り始めるように。

 

津波で海の水がサーッと引いて行くように。

 

そんなスピードで額がハゲ上がっていったのです。

 

こうなると、あせります。

 

朝、どう工夫しても髪の毛が薄く、額がハゲあがっていて、ヘアトニックとドライヤーで髪の毛を工夫するのだが、どうにもなりません。

 

 

「こんな頭では、会社に行けないよぅ~!!」

 

 

とあせった日もあったのです。

 

日々、急激にハゲあがっていく額に恐怖を感じつつ、鏡の中の自分に言い聞かせました。

 

「ハゲをなんとかせねば、ならん。 ハンサムが取り柄のオレなのに、ハゲてしまえばピエロだよ。」

 

そのときに薄毛対策を間違えて、育毛剤に頼ったりしたならば、私の頭髪は今頃ハゲていたと思います。

 

 

苦悩の海でおぼれそうなとき、救いの道が見えたのです。

 

それが、今回、あなたにも引継をしようとしている「育毛漢方療法」なのです。

 

(2.育毛漢方療法との出会い)

 

ハゲに苦しむときに出会ったのが、

 

高橋由美子先生の著書「みるみる髪が生えてくる」

 

なのです。

 

私はこの本を3冊も買いました。

 

人生で大きな恵、救いを与えてくれた本なのです。

 

この本で漢方療法による育毛法に出会ったのです。

 

漢方療法の特色は、体内からの発毛を促進する、ということです。

 

育毛剤については、その重要度はあまりないように書いていました。

 

この点については、平成27年現在の育毛剤は、それなりに発毛効果があると感じています。

 

ところが昭和56年ころの育毛剤、養毛剤は、たしかに「気休め」程度のものだったのですね。

 

さて、漢方での重要ポイントは体内に摂取する食品などで、発毛を可能にする血液を体内で作り出すということなのです。

 

この「体質変換」の考えがないと、きっと育毛には失敗します。

 

薄毛化の進行を止め、発毛、育毛に役立つ栄養素を取り入れると、髪の毛は生えてくるのです。

 

(3.昭和56年以降、半年間、とにかく必死で実践したこと)

 

昭和56年から今まで、私は薄毛対策を熱心に研究してきたので、現在は髪の毛を増やすノウハウも多く知っていますが、当時、実際に私が実行したことを、そのままここでご紹介しましょう。

 

私の育毛体験の「原型」ですね。

 

 

02

 

1.睡眠時間7時間以上

 

2.頭皮マッサージ(イノシシ毛のブラシ活用)

 

3.セレンの摂取(自然美という会社のサプリメントで)

 

4.スピルリナの摂取

 

5.ヘアパックの実施(1週間に3回)

 

6.野菜スープを朝食べる(ニンジン、ピーマン、ブロッコリー、キャベツ、ほうれんそうを小さく刻んでコンソメスープで煮る)

 

(参考サイト:育毛食事でみるみる髪が生えてきた)

 

7.ローヤルゼリーの摂取

 

8.みつひ、紅クコ、ハスの実、黒なつめ、ヨモギ、を煎じて飲む

 

以上です。

 

とにかく、実行し続けました。

 

以上のことを、とくに最初の3カ月は忠実に実行したのです。

 

2ヶ月くらいで、発毛の成果がみるみる出てきました。

 

「ああ、これで、オレは助かった」

 

という感慨がありましたね。

 

高橋先生の「みるみる髪が生えてくる」の中の自分に効果がありそうなところを、まずは実行したのです。

 

遺伝型の脱毛症の体質なので、気を抜くと、髪の毛は薄くなろうとします。

 

ハゲ遺伝子は「薄くなるんだ」という強い意志を持っているように感じます。

 

そうならないよう、育毛漢方を継続して行うことですよ。

 

私は、現在は、さらに進んだ育毛法を行っています。

 

50歳を過ぎても、「もっと、髪の毛をボウボウに増やしてみたい」という気持ちがあるのですね。

 

もはやライフワークかもしれないですね。

 

4.「育毛ノウハウに秘伝なし、育毛情報にシークレット情報なし」

 

あなたも薄毛に悩んでいるなら、ネットで育毛情報を探したり、あるいは書籍や育毛情報を購入したりしているかもしれません。

 

育毛情報には数万円もする育毛テキストもありますね。

 

私もライフワークなので、ネットの電子育毛情報は20冊くらい買っています。

 

お金に余裕があれば、購入してもいいのです。

 

無駄にはなりません。

 

ただし、「誇大広告」気味なのは少し気になりますね。

 

買う前に、あなたに少し注意をしておくと、

 

「育毛に魔法の方法はない」

 

のです。

 

そう簡単に髪の毛は生えないです。

 

かんたんに髪の毛がはえてくるようなことをどの電子育毛情報も書いていますが、購入して読むと、常識程度のことしか書いていません。

 

でも、まあ、それが真実でもあるのです。

 

育毛に秘伝などないです。

 

髪の毛にとってよいことは、ネット上を検索すれば、すぐに見つかります。

 

今の時代に、

 

「私だけが知っている育毛のマル秘情報」

 

など、あるはずが、ないのですよ。

 

ダイエットも育毛も基本は多くの人は、すでに知っています。

 

ただし、ダイエットも育毛も実行し続けるのは難しい。

 

さらに言えば、ダイエットよりも育毛のほうが、難易度はグンと高いです。

 

ダイエットはすぐに成果が出る場合がありますが、発毛は3カ月、じっくり取り組まないと育毛成果がでないので継続が容易ではないのです。

 

人間というものは、なかなか継続はできません。

 

英会話

 

資格試験の勉強

 

早起きの習慣

 

毎日の運動

 

などなど、どれも継続が難しいです。

 

とくに育毛の習慣は容易ではないのです。

 

私には、それが、ようくわかっています。

 

たとえば・・・・・・・。

 

たとえば、育毛に大きな効果がある再現性の高いノウハウがあります。

 

それは

 

「イワシの缶詰を週に4回、サケを週に2回食べる」

 

というものです。

 

これはアメリカのアンチエイジング、すなはち「若返りの科学」の権威である「ベンジャミン・フランク博士のとっておきの育毛秘訣なのです。

 

私がテキトーに話していることではないのです。

 

参考:ベンジャミン博士に教わった核酸育毛法

 

Pretty hair stylist showing man new haircut

(どこから見られても、平気だもんね!!)

 

 

 

髪の毛を増やすために効果が高いと認められた方法なのです。

 

ですが、私は賭けてもいいのですが、

 

このような素晴らしい育毛方法を知ったとしても、3ヶ月後、確実に週に4回イワシの缶詰を食べている人は、

 

おそらく100人中5人くらいでしょうよ。

 

だから、髪の毛を生やすのは、誰にでもできることではないと、私は言いたいのです。

 

(5.20代の薄毛対策の実践方法)

 

今、話した通り、イワシの缶詰を継続するのも容易ではないのです。

 

なので、ここから先は、育毛を絶対に実行しいてみせる、という人にしか役立たないのです。

 

そして、実行した人には、結果が出るはずです。

 

「具体的な行動には、具体的な結果が訪れる」

 

わけです。

 

では、平成27年現在、私が20代のあなたに引き継ぐ、

 

マイ・ベスト育毛法

 

を書きましょう。

 

お金の面でも継続しやすいようセレクトしました。

 

ぜひ、実行し、結果を出してください。

 

1.7時間以上の睡眠

 

 

2.コラーゲンとスピルリナとノコギリヤシの摂取

 

 

⇒ 1.効くから続く!継続率93%回生堂メンズミレット

 

 

 

⇒ 2.マルチビタミンを超えてるね!野菜不足・栄養の偏りはこれで解決★2袋で送料無料!約4ヶ月分ス...

 

 

 

⇒ 3.小林製薬のノコギリヤシEX

 

 

 

 

 

3.レシチンの摂取

 

 

 

4.育毛酒(みつひ、紅クコ、ハスの実、黒なつめなどをホワイトリカーにつける)、あるいはドクダミを飲む

 

 

 

5.頭皮マッサージをする☆猪毛ブラシの活用

 

 

 

6.良質のシャンプーで洗髪する

 

 

 

7.野菜スープ、あるいは野菜成分の酵素を飲む

 

 

 

8.ヘアパックを週に2回以上

 

 

 

9.イワシ4缶詰を週に4回は食べる又は、核酸サプリメントで核酸を摂取

 

 

国内メーカー直送!ケンコーコムで人気No1の核酸サプリメント

 

以上です。

 

 

3か月実践をしてほしいです。

 

 

私は、これが20代の薄毛対策としては、よい方法だと思います。

 

なお、プロペシアとミノキシジルのセットは非常に効果の高いものです。

 

ただ、女性は使用できないし、男性でもこれから子どもをつくるような若い人には、専門医の相談の元、「自己判断で」というしかないです。

 

私の場合は20代でプロペシアを飲む可能性は20%くらいだね。

副作用が怖いからね。

 

もし私が20代なら安全な方法を試すはずです。

 

私自身は5年間飲んでいましたが、精子の減少が我慢できず、やめました。

 

 

<参考>

自然美・・・・・漢方育毛法の商品を扱っている。漢方育毛法を実践するにはありがたい会社。ただし値段が高いのが難点。
スピルリナ・・・・髪の毛を増やすには必須のサプリメント。安価で内容の良いスピルリナは「スピルリナ普及会」で購入したい。30年近く8種類以上のスピルリナ商品を試しましたが、これがベスト。2袋買うと送料が無料なのもありがたい。

 

コラーゲン・・・・・コラーゲンを飲んで即効で髪の毛を太くしましょう。

 

「コラーゲン活用の発毛レポート」

 

 

ドクダミ成分・・・・・育毛酒をつくるのが面倒で、育毛に挫折しないように、このドクダミを知っておきましょう。

 

 

レシチン・・・・・バーバラ寺岡が髪の毛を生やした秘訣、
それは、①ドクダミ・ワイン、②ゴマ、そして③レシチンなのです。
バーバラ寺岡のトータル健康法のなかでもレシチンは重要なポイントです。
バーバラは髪の毛を増やすにはレシチンが大いに活躍すると著書で言っていますね。

 

ノコギリヤシと亜鉛・・・・・・プロペシアを飲まないなら必須。

 

 

育毛サプリ「GROW UP」または、育毛サプリ「BOSTON]がいいでしょう。

 

育毛サプリメントの体験

1 4 5 6
海外旅行クレジットカード