20代の薄毛対策

薄毛対策20代が運命を決める

20代の薄毛対策は後々まで大きな影響がある。3か月で生える20代育毛法

20代でハゲるとからかわれるのがあたりまえ。

読了までの目安時間:約 3分

 

薄毛がからかわれる時代を生きる

 

薄毛になったら、まわりの人たちにからかわれることは覚悟すべきです。

 

この世は天国ではないのです。

 

人をからかって、イヤな思いをさせて、苦しんでいるのをみて、うれしい気持ちになる悪魔的な人間もいるのが、この現世なのです。

 

 

人のハゲ、薄毛をからかって、まわりの人を笑わせて、

 

 

「オレって、ほんと、ユーモアあるよね!!」

 

 

などと得意顔。

 

ハゲをからかわれた人の屈辱感など、無関心です。

 

 

もちろん、

 

「オレのほうが立場が上だもんね」

 

という安心感の元、人をからかうのです。

 

決して社長のハゲ頭を表立ってからかう社員はいません。

 

蔭では、そういう心情のひとは、「あのハゲおやじが・・・・」

 

などと言っていることでしょうが・・・・・。

 

私も、20代前半は、これはホントに自慢ではないのですが、顔がハンサムだったので、女性に非常にモテたのです。

 

ところが、24歳くらいからハゲ遺伝子が活発化し、みるみる髪が後退していったのです。

 

こうなると、悪魔的な心根の人はうれしくて、たまらない。

 

「○○クンは、芸能界でも活躍できそうだったのに、こうまで額が後退すると、もうダメだよなぁ~!!3年後はツルっパゲだわなぁ!!ウヒャヒャヒャヒャヒャァ~!!」

 

などと、会社の先輩たちは大喜び。

 

若い後輩が、女性社員たちにモテモテだったのが、よほど悔しかったのでしょう。

 

苦しかったですよ。

 

ホント。

 

高橋由美子先生の漢方育毛療法と出会えていなかったら、いったいどうなっていたかと、50代になった今も、よく考えるんだ。

 

 

一つ言えることは、高橋由美子先生の漢方育毛法とであえたのは、今から思うと偶然ではなかったのです。

 

苦しみの果てに、強く願った私の望みが、髪の毛を生やす方法を、

 

 

「引き寄せた」

 

のだと思うのですよ。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
海外旅行クレジットカード