20代の薄毛対策

薄毛対策20代が運命を決める

20代の薄毛対策は後々まで大きな影響がある。3か月で生える20代育毛法

頭皮を刺激すればハゲは治せるのか

読了までの目安時間:約 3分

 

ハゲの話題は面白いようで、数人の男が集まると、ハゲの話題が出ます。

 

おととい、5人のサラリーマンらしき男たちが居酒屋で薄毛、ハゲについて話をして盛り上がっていた。

 

 

「佐藤先輩(仮名)が、若いころ、育毛剤とセットのブラシでたたきすぎて、頭から血が出たらしい」

 

皆、大笑い。

 

満点大笑いでしたよ。

 

その場にいない本人は、育毛には必死の努力をしたことでしょう。

 

ただし、いくら発毛への努力をしても、成果の出ない方法では、髪は生えてきません。

 

育毛効果はでないわけです。

 

育毛は「努力とは比例しない」のです。

 

じつは、育毛のために頭皮を刺激をするにも、要領があるのです。

 

信頼の置ける理容店があるなら、聞いてみるといいのです。

 

「頭皮の硬さは、ハゲと関係あるか?」と。

 

頭皮がピッタリと頭蓋骨にへばりついているようであれば、育毛に大切な血液が、髪にまで届かず、ハゲになりやすいのです。

 

私は18歳の時、理容店で

 

「頭が固いですよ~。頭皮の下の肉に余裕がないんですよ。ハゲる恐れがあるので注意してください」

 

って理髪師に言われたのです。

 

まあ、これは注意のしようがないのです。

 

対処方法がないと、何の役にも立たない情報です。

 

髪の毛に血液が届くように、頭皮には余裕が必要なので、発毛を意識したマッサージを実施し、頭皮に余裕を持たせることです。

 

ここで、ポイントは、「こすってはいけない」こと。

 

頭髪はこすられると良くないのです。

 

髪に刺激を与えることで、育毛に成功した事例は、適度な刺激を実践した場合だけです。

 

先の話のように、養毛剤をつけて、ブラシで血が吹き出るまで、何かでたたいてはいけないのです。

 

早く薄毛対策の効果をだそうと、強く刺激すると脱毛を引き起こすかもしれません。

 

適切な頭皮刺激の補法をブログで解説していますので実践してほしいです。

 

薄毛回復のためのイノシシ毛ブラシ活用法

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
海外旅行クレジットカード