20代の薄毛対策

薄毛対策20代が運命を決める

20代の薄毛対策は後々まで大きな影響がある。3か月で生える20代育毛法

20代の髪の毛を生やしたい気持ち

読了までの目安時間:約 5分

 

20代の髪の毛を生やしたい気持ち

 

髪の毛の悩みを持ったことのある人は、一度は、

 

「なぜ、こんなにも自分はハゲがイヤなのだろう」

 

と考えたことがあるのでは?

 

 

2

 

 

私も20代によく考えました。

 

大きく分けると2つ理由があると思います。
2つのハゲがイヤな理由は

 

1.異性にモテたい。

 

2.自己重要感

 

となると思うのです。

 

 

まず1ですが、ハゲのほうが女性に人気が出るとなれば、ハゲはイヤでなくなります。

 

 

好ましいわけです。

 

第2は、自己重要感は人間が渇望するものとデール・カーネギーが言っています。

 

ハゲはからかいの対象になるからイヤなのです。

 

もし、ハゲていると尊敬されるのなら、ハゲたいと願う人ばかりになるのですね。
おおきく1つにまとめると、

 

 

「ハゲは見た目にカッコ悪いと思う心」

 

 

となるでしょう。

 

そういう価値観ですね。

 

今の日本ではハゲはカッコ悪いという価値観だと思います。

 

テレビや雑誌を見ていると、それを感じますよ。

 

だから、育毛をしよう!!というのが、このブログのコンセプトであります。

 

そのためには、育毛に関する知識の習得の重要性を確認しましょう。

 

「人は見かけ目が9割」

 

「仕事は見た目が10割」

 

なんていうタイトルの本が売れています。

 

じっさい、男も女も、老いも、若きも「見た目がいい」方がいいのです。

 

人間だけでなく、花でも、車でも、ペットでも、見た目によいほうがいいのです。
結局、ハゲがつらいというのも、そこからきているのです。
ハゲ、抜け毛、薄毛は、

 

 

痛みや、生命の危機、カユミ、などを伴うわけではありません。

 

ただ、見た目が問題なのです。

 

ハゲは肉体的には何の痛みがなくとも、心には痛いのです。

 

心の生死に関わってくるのです。
ドラマでの美しい男女のラブシーン。
もし、男のヘアスタイルをバーコードヘアにするだけで、一気に美しさは消えてしまいますね。
今人気の男性タレント。たとえば小栗旬、木村拓哉、佐藤健、斉藤工、などなど。

 

もし、彼らが薄毛、ハゲだったら今の人気はあるか?

 

たぶん、ない・・・・。

 

きっと、・・・・ない。

 

この自覚が発毛に対する情熱につながるのです。

 

見た目を良くする為に育毛に励む。

 

20代の男性が、今の日本を自信をもって生きていく上で、髪の毛があったほうがいいのです。

 

そのためには、この方法を実行しましょう。

 

薄毛を治すための即効太髪

 

 

眼鏡を掛けた男性 笑顔

 

 

海外旅行クレジットカード