20代の薄毛対策

薄毛対策20代が運命を決める

20代の薄毛対策は後々まで大きな影響がある。3か月で生える20代育毛法

20代でハゲるとからかわれるのがあたりまえ。

読了までの目安時間:約 3分

 

薄毛がからかわれる時代を生きる

 

薄毛になったら、まわりの人たちにからかわれることは覚悟すべきです。

 

この世は天国ではないのです。

 

人をからかって、イヤな思いをさせて、苦しんでいるのをみて、うれしい気持ちになる悪魔的な人間もいるのが、この現世なのです。

 

 

人のハゲ、薄毛をからかって、まわりの人を笑わせて、

 

 

「オレって、ほんと、ユーモアあるよね!!」

 

 

などと得意顔。

 

ハゲをからかわれた人の屈辱感など、無関心です。

 

 

もちろん、

 

「オレのほうが立場が上だもんね」

 

という安心感の元、人をからかうのです。

 

決して社長のハゲ頭を表立ってからかう社員はいません。

 

蔭では、そういう心情のひとは、「あのハゲおやじが・・・・」

 

などと言っていることでしょうが・・・・・。

 

私も、20代前半は、これはホントに自慢ではないのですが、顔がハンサムだったので、女性に非常にモテたのです。

 

ところが、24歳くらいからハゲ遺伝子が活発化し、みるみる髪が後退していったのです。

 

こうなると、悪魔的な心根の人はうれしくて、たまらない。

 

「○○クンは、芸能界でも活躍できそうだったのに、こうまで額が後退すると、もうダメだよなぁ~!!3年後はツルっパゲだわなぁ!!ウヒャヒャヒャヒャヒャァ~!!」

 

などと、会社の先輩たちは大喜び。

 

若い後輩が、女性社員たちにモテモテだったのが、よほど悔しかったのでしょう。

 

苦しかったですよ。

 

ホント。

 

高橋由美子先生の漢方育毛療法と出会えていなかったら、いったいどうなっていたかと、50代になった今も、よく考えるんだ。

 

 

一つ言えることは、高橋由美子先生の漢方育毛法とであえたのは、今から思うと偶然ではなかったのです。

 

苦しみの果てに、強く願った私の望みが、髪の毛を生やす方法を、

 

 

「引き寄せた」

 

のだと思うのですよ。

20代薄毛対策のポイント

読了までの目安時間:約 3分

 

20代の薄毛対策のポイント

 

20代の髪の毛の悩みの最大は、

 

「ハゲやせんか?」

 

という予感ではないでしょうか?

 

ハゲや薄毛が予感ではなく、「現実」になっている人もいることでしょう。

 

20代で額が後退してくると、周りの人からのからかいが始まります。

 

若ハゲはからかわれるので、これはもう、覚悟を決めておくことです。

 

合コンなどでも、きっと「頭髪」の話題になって、話をふられるはず。

 

ユーモアで返すのか

 

無視するのか

 

怒りを表すのか

髪の悩み12

難しいところです。

 

日本を代表するような、ビッグな企業経営者がいます。

 

その人は薄毛です。

 

正解的にも有名なその人が、一方で、ハゲをからかわれています。

 

本人も、講演や、大勢の人前で話をするときなどは、話の最初に、ユーモアっぽく自分の髪の毛に話題をふるそうです。

 

気にしている証拠でしょう。

 

最初に、

 

「私は、髪の毛のことなんか気にしないので、先に自分から話題に出します」

 

ということなのでしょう。

 

薄毛になると、いろいろと気を使うことができてきます。

 

だから、自分の髪の毛を生やすことです。

 

20代でハゲると、一番素晴らしい時期を、異性にもあまりモテずに過ごすことになりかねません。

 

そしてこれは、たしかなのですが、50歳になっても、60歳になっても、いやいや70歳になっても、

 

髪の毛がないということは恥ずかしい、また、隠したいことなのです。

 

20代の人なら、今後50年も60年も、髪の毛の悩みを持って過ごさなくてはならないのです。

 

だから、いま、生やすことです。

 

いま、努力して髪の毛を生やすことです。

 

 

効くから続く!継続率93%回生堂メンズミレット

 

 

眼鏡を掛けた男性 笑顔

20代の薄毛回復のヒント「かゆみ」

読了までの目安時間:約 3分

 

20代の薄毛回復のヒント

 

私が20代で薄毛化が始まったのは、仕事のストレスだったと思います。

 

なにせ忙しかったのです。

 

仕事は夜の10時くらいまでしていました。

 

そして仕事が終わったと思ったら、先輩の一人が

 

「おい、みんな、飲みに行くぞ」

 

などと言い出すのです。

 

酒の苦手な私は、それも苦痛で、ストレスになりましたね。

 

また、日中が忙しかった。

 

ひっきりなしに電話がかかってきて、商品の注文や、発注があったのです。

 

ここで、発注のミスなどあれば、とんでもないことになります。

 

神経が高ぶって、平静さを失っていました。

 

私は、煩雑な仕事はニガ手なのです。

 

そうこうしているうちに、頭皮がかゆくなったのです。

 

仕事中。

 

なにか「熱を帯びている感じ」でした。

 

これが髪の毛がサーッと薄毛化した原因です。

 

その後、この傾向はハゲの大きな要因と知りました。

 

「頭皮の酸欠状態」

 

というのです。

 

ストレスですよ。

 

たしかに、忙しすぎて「呼吸すらしていない」ような状況でしたのでね。

 

頭皮の酸欠。

 

同じような症状を感じたなら、ひんぱんに頭皮をもむことです。

 

当時、薄毛化が進み、しばらくたって

 

「頭皮に異常事態が発生している」

 

ということが、何となくわかったので、人のいないところで、頭を叩きました。

 

人のいないトイレや周りに人がいないときに、頭を「パーン、パーン」と平手でたたいたのです。

 

「血行を良くせねば、ならん・・・・・」

 

本能的なものだったのでしょうか?

 

パーン、パーン、と頭を叩いているところを会社の女性社員に一度、見られたこともあります。

 

「K君、どうしてるの?」

 

などと問われ、あせりました。

 

が、とにかく酸欠状態を頭皮を刺激して、解消しようとしたのでした。

 

無駄ではなかったと思います。

海外旅行クレジットカード