20代の薄毛対策

薄毛対策20代が運命を決める

20代の薄毛対策は後々まで大きな影響がある。3か月で生える20代育毛法

男性型のハゲを治す

読了までの目安時間:約 7分

 

 

男性型のハゲを治す方法

 

男性型脱毛症を治す方法を2つあげるとする。

 

発毛クリニックと自宅での発毛

 

と言う分け方もできるでしょう

 

リーブ21の発毛コンテストなどをテレビCMで見ると、成果が出ているように思います。

 

リーブ21にもいろんなコースがあるのです。

 

お金の面で都合がつく人は、リーブ21やアートネイチャー、アデランスなどの発毛コースを試してみる価値はある。

 

やはり髪の毛の悩みも、専門家に聞いてみると参考になります。

 

ムダにはなりません。

 

私も、一流の皮膚科の先生に診ていただいたことがありますが、やはり勇気を出して診ていただいてよかった。

 

アートネイチャーやアデランスの発毛コースやリーブ21はカツラ、植毛ではなく、自分の毛を増やすもの。

 

なので、あなたの希望にも合致するでしょう。

 

少なくとも、独身の間は、個人的な意見ですが、カツラや植毛によらず、自分の髪で育毛・発毛を検討する方がいいと思います。

 

人から聞いた話ですが、カツラをつけている人が、結婚しても妻にカツラのことを言い出せずにいて、あとでカツラがわかって問題になったことがあります。

 

その詳しい内容は、悲惨すぎてここでは書けません。

 

ただ、言えることは「ハゲを隠す」ということは、現代の日本では、犯罪者のような扱いをされるということ。

 

「ヅラ疑惑」とか・・・・・・。

 

ですから、自分の毛を増やす方針を、結婚前の方には、とっていただきたい。

 

 

結婚していれば、妻の了解を得れば、カツラでも植毛でもそれは、いいのです。

 

「隠す」という心理的な負担が、家庭内でもあればつらいけれど。

 

さて、リーブ21はまず、発毛実感コースを「お試し」で体験できます。

 

発毛診断でカウンセラーがマイクロスコープで頭皮・毛根の状態をチェックします。

 

生活習慣や食習慣などを聞き取りしながら薄毛・ハゲの原因を調べていきます。

 

次に発毛施術を行うのですが、抜け毛を予防し、毛根を活性化して、発毛を促進するための施術となります。

 

発毛に関するアドバイスを受け、生活改善を含めた今後の頭髪ケアの方法をアドバイスし、あなたにぴったりの発毛・育毛プランを提案してくれるのです。

 

所要時間は2時間くらいですが、基本的なリーブ21・発毛実感コースの施術・カウンセリングを体験することができます。

 

初めての場合は、これらのお試しのあと、今後、発毛の施術を続けたいかを決めることになります。

 

個人個人によって価格も違いますが、どのコースも決して安いものではありません。

 

慎重に決断をするべきでしょう。

 

自宅で自分で発毛を行う場合には、適切な情報が必要です。

 

書店で、何冊かの育毛書籍を買う必要があります。

 

また、ネット上で販売されている育毛情報商材も2~3冊は購入したいものです。

 

育毛情報商材は1冊1万円~3万円程度しますが、大手の育毛関連の施設利用から比べると、安いものです。

 

自宅での発毛も十分可能です。

 

私は、基本的に、自宅で育毛をしています。

 

遺伝的な脱毛症なので、食生活は重要です。

 

男性型の脱毛は「テストステロン」が関与しています。

 

ハゲの原因となる「テストステロン」の分泌が活発であり、また受容体がこの「テストステロン」に敏感であればある程、薄毛・抜け毛のリスクは高くなるのです。

 

テストステロンは筋肉の増強や体毛を濃くするなどの働きがあり、反面で、髪の毛の生育に重要な働きをする毛母細胞の活動を抑制する性質があるのです。

 

「男性ホルモン型」の抜け毛は当然男性に強く現れますが、女性にも起こる事があります。

 

ストレスなどで、ホルモンバランスの乱れると男性ホルモン優位に働き、女性の薄毛を進行させることがあるわけです。

 

「男性ホルモン型」の薄毛・抜け毛で毛髪に影響を及ぼすのは「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質です。

 

DHTを体内で作る元になるのが、「テストステロン」という男性ホルモンです。

 

この男性ホルモンを活発にさせないよう、工夫することで、ハゲはある程度克服できることが、私はわかりました。

 

一言で言うと、欧米型の食事から昔の日本食に、食べるものを変えることは、育毛の3大ポイントの一つです。

 

男性のAGAに対する効果の高いコラーゲン飲料は私の重要な育毛用品となっているのです。

 

今、話題の飲む育毛コラーゲンの回生堂メンズミレット

 

⇒  効くから続く!継続率93%回生堂メンズミレット

 

漢方の育毛法で、ハゲ要因を抑え込むとよいのです。

 

ヘアバンドやカチューシャなども同じ理由で育毛にはよくない。

ただし、薄毛対策において、帽子をかぶるほうが、紫外線の害よりははるかにマシなので、日差しが強い場合には、帽子をかぶることです。

----
----

----

海外旅行クレジットカード