20代の薄毛対策

薄毛対策20代が運命を決める

20代の薄毛対策は後々まで大きな影響がある。3か月で生える20代育毛法

20代の薄毛回復のヒント「かゆみ」

読了までの目安時間:約 3分

 

20代の薄毛回復のヒント

 

私が20代で薄毛化が始まったのは、仕事のストレスだったと思います。

 

なにせ忙しかったのです。

 

仕事は夜の10時くらいまでしていました。

 

そして仕事が終わったと思ったら、先輩の一人が

 

「おい、みんな、飲みに行くぞ」

 

などと言い出すのです。

 

酒の苦手な私は、それも苦痛で、ストレスになりましたね。

 

また、日中が忙しかった。

 

ひっきりなしに電話がかかってきて、商品の注文や、発注があったのです。

 

ここで、発注のミスなどあれば、とんでもないことになります。

 

神経が高ぶって、平静さを失っていました。

 

私は、煩雑な仕事はニガ手なのです。

 

そうこうしているうちに、頭皮がかゆくなったのです。

 

仕事中。

 

なにか「熱を帯びている感じ」でした。

 

これが髪の毛がサーッと薄毛化した原因です。

 

その後、この傾向はハゲの大きな要因と知りました。

 

「頭皮の酸欠状態」

 

というのです。

 

ストレスですよ。

 

たしかに、忙しすぎて「呼吸すらしていない」ような状況でしたのでね。

 

頭皮の酸欠。

 

同じような症状を感じたなら、ひんぱんに頭皮をもむことです。

 

当時、薄毛化が進み、しばらくたって

 

「頭皮に異常事態が発生している」

 

ということが、何となくわかったので、人のいないところで、頭を叩きました。

 

人のいないトイレや周りに人がいないときに、頭を「パーン、パーン」と平手でたたいたのです。

 

「血行を良くせねば、ならん・・・・・」

 

本能的なものだったのでしょうか?

 

パーン、パーン、と頭を叩いているところを会社の女性社員に一度、見られたこともあります。

 

「K君、どうしてるの?」

 

などと問われ、あせりました。

 

が、とにかく酸欠状態を頭皮を刺激して、解消しようとしたのでした。

 

無駄ではなかったと思います。

海外旅行クレジットカード