20代の薄毛対策

薄毛対策20代が運命を決める

20代の薄毛対策は後々まで大きな影響がある。3か月で生える20代育毛法

20代の薄毛対策とプロペシア危険

読了までの目安時間:約 5分

 

20代の薄毛対策においてはプロペシアの問題を避けては通れません。

 

今回は、プロペシアについて私の考えを書きましょう。

 

まずは、「教えてGOO]に投稿されたこの悩みを読んでほしい。

 

 

不妊治療中なのだが、夫が薄毛対策をしており、病院で精子を調べてもらったら・・・・

 

 

プロペシアで精子減少は起きます。

 

私の場合も起きました。

 

平成25年8月にプロペシアをやめたのですが、やめて半年後にはかなり精子はもとに戻った感じ。

 

プロペシアと精子の関係はよく話題になり、

 

「髪の毛を取るか、精子を取るか」

 

などとネットで議論されていたりもします。

 

私は、

 

「精子を大事にしてほしい。ただしハゲが死ぬほどつらければプロペシアもやむを得ない」

 

と考える。

 

20代でハゲるのは大きな苦痛ですが、

 

 

プロペシアにより結婚後「別の悩みに遭遇」するおそれがあります。

 

 

プロペシアを2年、3年。

 

あるいは5年、10年と飲み続けてきた男性の精子が「元気なはずがない」のです。

 

プロペシアを飲み続けてきた男の精子が元気なはずがない。

 

これ、大事。

 

元気な精子でないところから、元気で健康な赤ちゃんが生まれるだろうか、ということ。

 

 

やはり元気な精子から健康な赤ちゃんが生まれてくるはず。

 

プロペシアによるダメージを受けた精子が元気な赤ちゃんをもたらしてくれるのでしょうか?

 

これは、夫婦でよく考えるべきことです。

 

 

 

私の考えは、

 

子供を作る可能性がある間は、自然な育毛法を実践することがよい。

 

漢方の育毛法。

 

東洋医学的なアプローチ。

 

これなら、あなた自身の健康にもよいし、生まれてくる赤ちゃんもパワーが大きい。

 

 

漢方の育毛法では主に以下のものを口から摂取します。

 

スピルリナ

 

コラーゲン

 

黒豆

 

プラセンタ

 

レシチン

 

ビール酵母

 

黒ゴマ

 

などなど。

 

 

こういった自然な成分があなたのためには良いのです。

 

ハゲは遺伝だと思うのですが、漢方の知恵によって、

 

遺伝的なハゲ要因を押さえつけることができます。

 

あなたにはプロペシア副作用の不安のない、安心な生活を送ってほしいのです。

 

以下の方法が、20代のあなたにはふさわしいでしょう。

 

 

 

 

1.飲む育毛剤

 

➡ ハゲを治した本当の話

 

 

 

 

 

 

2.非薬物系の育毛ノウハウ

 

➡ 購入前に読む育毛情報マニュアルレビュー

 

 

 

Work at the barber shop

 

海外旅行クレジットカード