20代の薄毛対策

薄毛対策20代が運命を決める

20代の薄毛対策は後々まで大きな影響がある。3か月で生える20代育毛法

20代のストレス対策でハゲ予防

読了までの目安時間:約 4分

 

20代ではストレスに注意しましょう。

 

私の身体内で「ハゲ遺伝子が作動開始」したのは23歳でした。

 

社会人になった時です。

 

 

気軽な大学生生活から、一気に毎晩夜9時、10時まで残業のある会社生活。

 

早く仕事を終えて、眠りたいのに、仕事の後もスナックに職場の人と飲みに行く。

 

職場ではミスの許されない緊張感でいっぱい。

 

 

Fotolia_84656599_XS

 

 

早く自宅に帰って、気ままに過ごしたいのに、一日中が職場の人間と共に過ごすのです。

 

リラックスできない。

 

 

 

 

4月に入社して、9月頃には

 

「髪の毛の分け目を変えないと、従来の髪形だとハゲているように見える」

 

段階になっていました。

 

これはストレスが大きな原因です。

 

ストレスが20代の私の「ハゲ・スイッチ」をオンにしたのです。

 

 

 

もし、大学生活が続けば薄毛化はしなかっただろうと思います。

 

あるいは、入社した会社がノンビリした会社だったら、髪の毛は薄くならなかったでしょう。

 

ハゲ遺伝子があっても、スイッチが入らなければハゲない。

 

しかし、スイッチがはいればしかたない。

 

対処するしかないのです。

 

 

20代では特にハゲ始めの初期の対処が大事です。

 

放置しているとハゲるスピードは速い、速い。

 

あせらずに、

 

1.よく眠る

 

2.野菜を多く摂る

 

ことを意識しましょう。

 

育毛剤に頼っても成果につながらないことを理解しましょう。

 

育毛剤は補助的なものにすぎません。

 

男性の遺伝的なハゲは育毛剤では治せないのです。

 

20代の人は5大育毛法を実行してほしい。

 

 

➡ 5大育毛法でハゲは治せる

 

 

早く適切な育毛法を理解することです。

 

「これなら大丈夫」と確信できる方法を実行することです。

 

20代の若ハゲ対策に成功する法

読了までの目安時間:約 2分

 

 

20代で若ハゲに悩まされている人は、つらい気持ちに耐えています。

 

若ハゲは見た目によくないので、異性との交際にも消極的となります。

 

では、どうすれば遺伝的な要素がつよい若ハゲを治せるのでしょうか。

 

遺伝的な若ハゲを治すには「体質改善」が必要となります。

 

体質改善は、すなはち食事で可能です。

 

人間の体は「食べたもの」でできています。

 

なので、食事を工夫すると、体質というものは変わるのです。

 

では薄毛体質を変えるには、どうしたらいいのか?

 

それは野菜を多くとるような、食生活です。

 

肉の多食は、薄毛うあ抜け毛、ハゲを促進します。

 

危険ですよ。

 

髪の毛を生やしたい人は、ブロッコリーやピーマンを食べましょう。

 

 

ニンジンも薄毛には有効です。

 

 

緑のものは、髪の毛にいいです。

 

 

髪の毛に良いものとして、漢方では「黒色」のものがいいと考えます。

 

黒ゴマ

黒豆

黒にんにく

ヒジキ

ノリ

わかめ

などなど。

 

 

 

限定お試しモニター募集中!「黒にんにく酵素」

 

 

 

20代薄毛に若ハゲには、育毛剤よりも、食事を見直すことが先ですよ。

海外旅行クレジットカード