20代の薄毛対策

薄毛対策20代が運命を決める

20代の薄毛対策は後々まで大きな影響がある。3か月で生える20代育毛法

20代で薄毛になった場合の対処体験談

読了までの目安時間:約 4分

 

薄毛化が進み、恐怖に怯えた日。

 

それは昭和56年でした。

 

そのときに、

 

「育毛剤などでは髪が生えるはずがない」

 

という気持ちがあり、育毛剤に頼らなかったのがよい結果を招きました。

 

 

ハゲの恐怖のあまり、各種の育毛剤を買いあさる人もいますが、

 

 

当然ですが、成果が出ないことが多いのです。

 

 

「育毛剤などでは髪は生えない・・・・・」

 

 

2

 

 

当時20代前半でしたが、育毛剤に頼らなかったのは、

 

 

高校時代に遠藤周作のおエッセイをよく読んでいたからですよ。

 

遠藤周作は、エッセイでよく自分のハゲに関する悩みを書いていました。

 

 

そのときは、

 

「こんなにも、ハゲは苦しいものなのか」

 

という不安におびえたこともあったのです。

 

そして遠藤周作のハゲ・エッセイを読むたびに、

 

 

「育毛剤は効かぬな・・・」と、高校生ながらに思ったことでした。

 

 

ですから、育毛剤ではなく、確実に生えるものがほしかったのです。

 

そのときに出会ったのが、

 

 

漢方による薄毛体質の改善です。

 

 

 

「みるみる髪が生えてくる」という本のタイトルどおり、急激に改善できました。

 

 

とはいっても、先祖から受け継いだ「男性型脱毛症」の体質を持った以上は、

 

 

 

そう簡単にハゲの恐怖からは逃げられません。

 

 

漢方療法を続けることで、ハゲ体質を抑え込んでいるのが現状なのです。

 

まずは育毛酒(成分は、みつひ、紅クコ、ハスの実、黒なつめ、ヨモギ)あるいは、どくだみワインですよ。

 

 

体質を変化させつつ、イワシの缶詰や、ウコン、コラーゲン、レシチンなども摂取したらいいのです。

 

 

即効で成果を出したいのなら、この方法を実践しましょう。

 

 

➡ 薄毛を治す即効方法がある

 

 

ハゲ遺伝子を克服する方法はもうわかっているのです。

海外旅行クレジットカード